のら猫の書くこと

高卒の事務員が社会の片隅からお送りします

何か1ついいこと

金曜日はお風呂にも入らずいつの間にかに寝て、土曜日の朝9時過ぎに起きました。

そして、テレビをつけお菓子を食べ始めます。

もうこの時点で今日1日がどうなるか、手に取るようにわかりますね。

そのままテレビ(録画ドラマ)を見続け、お菓子を口に放り込み気づくと眠たくなり、安寧の地(布団)に戻りました…

目が覚めたのは夕方。
それからスマホをいじり、会社のウザい奴を思い出し、うんざりした気分になり、どうしようもない感じになりました。

何か1つでいいから、自分にとって「良い」ことをしようと思いました。
自分を大切にすることにつながる何か良いこと、です。

そんなに考えずとも、とりあえず昨日お風呂入ってないし、お風呂に入ろう!
そして湯船につかってみよう!
ということになりました。

私は普段シャワーのみなので「かなり言い」ことですよね。

別にこれをしてどうってことでもないけれど、「自分で自分を大事にする」ことを選んで行動したことが、重要です。
自分で自分を大切にしていることの実感になります。

さ、湯冷めするから髪乾かそう(^_^;)